観る度に思う

ドラマや映画、ほぼ必ずと言っていいほどラブシーンがありますね。

キスシーンまではなくとも、ハグは必須でしょうか?



実は妻とはもう多分10年近くレスです、もちろんハグも。

この辺のいきさつは消してしまった過去記事に書きました。

分からない方、すみません😅



でも、人って人肌を定期的に感じないとダメなのかもしれません。

大事な人の体温や鼓動を感じることですごく安心する。

それは彼女としてみて初めて感じたことでした。



だから、皆さんが記事で書かれている肌と肌との触れ合いや

お互いの体温や匂いを求め合う気持ち、よく分かります。

彼女も初めて結ばれるまではすごくそういうことに興味津々でした。



でも、皆さんとは逆に、結ばれたことで彼女は後悔の念が出てしまったのかなって。

少しずつあまりスキンシップは積極的でなくなっていったから。

それでも、彼女もハグとキスは大好きでした。

それはやっぱり安心してくれてたんだろなって良い方に捉えてます。



表題に戻りますが、先日書いたスイッチの記事じゃないですけど

テレビや映画でそういうシーンが流れる度に胸がチクっとします。(乙女か!)

今思えばですけど、エッチなんてなくて良いから、むぎゅ〜だけ

ずっとできる関係でいたかったな…ってそんなの無理か〜😱

惚れてまうやろ〜

先ほど観た「青い鳥」第3話。


徐々に惹かれあっていく2人。


夏川結衣さんが


「私は主人にとても大事にしてもらっている。

でも、大きな鳥かごの中の鳥なの。

だから、時々、息苦しくなるの。」って。



彼女は借金を抱えた元亭主から佐野史郎さん演じる地元の

有力な建設会社の御曹司に救い出してもらったことには恩を感じています。

でも、その父親は彼女のことを水商売上がりで息子の高いオモチャとしか見ていません。

つまり、1人の人間として扱われていないのです。


そして、自由奔放でその時の気持ちを素直に口に出してしまう彼女に

惹かれていってしまう駅長さん(トヨエツ)…。

でも、清澄という小さな町。

変な噂がすぐに広まる危険性があります。


それでも、夏祭りの日。

娘を連れてお祭りに来ていた彼女(さりげなく駅長さんを祭りに来るように誘っていました。)

駅の仕事が早く上がれて、ついでに祭りの役員に届け物があった駅長さん。

2人は偶然というか、必然というか祭りの場で会ってしまいます。


そして、お祭りの出し物を見ていた時に偶然触れ合う手と手。

自然に絡み合う指と指…もう既に危険な2人です😅



別の日。

日々の寂しさを紛らわすため、駅長さんの夜勤の日に駅まで行ってしまう彼女。

そこへ妻が家にいないことを不審に思い、訪ねてきた史郎…いや〜ヒヤヒヤものですね。

何とかうまく隠れてその場をしのいだ2人。

彼女を家まで徒歩で送る途中、星空の綺麗な丘に立ち寄ります。

2人で草はらに寝転んで空を見上げて🌌



夏「私、この町に来て駅長さんと出会えて良かったな。」(彼女の頬を涙が伝います。)


夏「駅長さん、答えなくていいから聞いていい?」


豊「…」


夏「私のこと、好き?」





豊「答えていいですか?」(彼女の涙を指で拭いながら)


豊「好きです。」


そして、キス。






あ〜、そんなの、惚れてまうでしょ〜よ〜。




彼女との最初のキス、思い出しちゃったな😣

あの時も手を繋いで、彼女が僕の手の甲にキスしてくれたんだっけ😢



あっ、またスイッチが…😅

スイッチと耐性

仕事始めだった月曜からようやく1週間。

なんだか不調で、僕にしては珍しく、その間はずっと休肝日でした😅

今、ひさびさにプシューです🍺

でも、喉が少し痛くて…風邪やインフルエンザが流行ってるようです。

皆さん、ご自愛ください。



ずっと封印している彼女の記憶。

それでも、いろんなものがスイッチになってしまってて時々思い出してしまいます。


まず「月」🌙


晴れの日なら空を見上げれば大概見えてしまうので困ったものです😱

見てしまうと、同じ月を見ていた彼女といつも繋がっている気がしたんです。

今は…なるべく見ないようにしています…難しいけど。



そして、スキマスイッチと葉加瀬太郎さんの曲。


スキマスイッチは彼女の通勤用にとUSBに最初に入れたアーティスト。

「星のうつわ」という曲が2人とも大好きでした。

確か、2人はDNAのように身体も心も螺旋のように繋がっているよっていう歌詞でした。


葉加瀬太郎さんは、2人で初めて観に行ったプラネタリウムを監修されてて。

「銀河のものがたり」って曲が、そのプラネタリウムの最後に流れたんです。

彼女が横にいて、2人で手を繋いで…夢のような時間でした。


他にも「水族館」や「スカイツリー」などがあって

テレビで見たりすると、やっぱり記憶が甦る瞬間があります。



でも、いつまでもそんなんじゃ、好きな曲も好きな場所も楽しめなーい❗️(ハズキルーペ調で)

だから、今、葉加瀬太郎さんの曲、バンバン聴いてます😅

耐性、つけなきゃ。



頑なじゃなくて、友達で妥協すれば、ある程度は楽しく過ごせるだろうなって

思うときももちろんあるんです。

彼女の方は、それでもきっと平気だろうし。



だけど、この数ヶ月そういう状態で過ごしてみて、やっぱり自分に無理させてるなって感じたんです。

趣味の集まり、来月もあるみたいだし、年度末はその会費消化のため食事会?もあるようです。

今は、そのどれにも参加するつもりないです。



大人げないけど、金輪際もう彼女の前に姿を現したくないんです。