ほんとは頑張ってない

異動してからというもの、毎日がバタバタと忙しい。


時間がいくらあっても足りない感じ。

ただ、今の僕にとっては余計なことを考える時間がない方がいいのかもしれない。


目の前のことに没頭して、気付いたらあっという間に時間が経っている。

仕事に、家事に、育児に…側から見ればリア充?


でも、そうではない。

今にも崩れそうなジェンガみたい。


きっと周囲の人は家族を含め、いつもどおり淡々と飄々とこなしていると思っている。

でもね、そうじゃないんだな。

どれか1つでもパーツが取れたら崩れちゃう…そんな感じ。


「大の大人が何を言う!」って言われちゃうけど、頑張る土台がないんだもの。

家の構造で言えば、基礎がなくなっちゃってる。


頑張ってるように見えるのかもしれないけど、全然頑張ってないんだな。

崖っぷちにかろうじて立ってる、そんな心境なんです。


元来、心配性でビビリだから、仕事でも細かな余計なことにまで神経を使っちゃう。

世間的には責任の重い仕事を任せられる年代。

でも、今の僕はそういうことに前向きに取り組もうとする意欲が湧かないんだな。


ほんと恥ずかしいけど、全て放り投げて逃げちゃいたいと思うことしばしば。

失ったものの大きさがジワジワと実感として込み上げてきています。