白でもない黒でもない

彼女に振られた日、彼女は『「おはよう」や「おやすみ」の返信もしないでいいよね?』って言ってました。



僕は挨拶すらもできないのかぁ…ととても落胆しました。

でも、キッパリ連絡を絶った方が彼女のためかなと思ったりもしてすごく葛藤しました。

彼女だって何か思うところがあっての決断だと思ったから。



それでも今の僕にとって彼女の存在だけがいつでも壊れてしまいそうな心の拠り所だって思ったから

ある時は1週間後に、ある時は数日後に




「◯◯💕おやすみ💕」とだけ送りました。



勿論、返信は来なくても仕方ないって思いながら。




でも…ある時はリアルタイムで、ある時は深夜や翌朝に



「ヒロ君💕おやすみ(おはよう)💕」



と返信が来ます。



しかも、ここのところはほぼ確実に来ます。



おまけに😊まで付いて。



嬉しいのが半分、でも今までの返信とは意味が違うんだって冷めてる、そして寂しがってる自分が半分。





だけど、どんな形にせよ、繋がってくれていることが今の僕には必要なのかもしれません。




淡々と、粛々と生きている今の自分。

あえて楽しいことから自分を遠ざけているもう1人の自分がいます。



楽しかった内輪の飲み会も音頭取りの僕が企画しない限り開催はないでしょう。

それに、友達として参加なんてやっぱり堪えられないな😣

駄々っ子のようだけど、それなら僕は行かない!



書いてて何だか分からなくなってきましたね😅



今、諸事情で家に居てもいつも以上に休まらないんです。

早く寝ます💤