承認欲求

お恥ずかしながら、最近、この言葉知りました。


人は誰でも多かれ少なかれ持っているものかもしれません。


思えば、僕自身も長女の世話で疲弊していたとき、きっと認めてもらいたかったんだと思います。

そして、まず何より共感して欲しかったんだなって今では思ってます。


言い訳になるけど、そういうときにも


「私だってこれだけやっている!」


「あなたと私とでは体力が違うから」


こう言われ続ければ何も言わなくなります。


最初はただただ


「そうだね、大変だよね。ありがとう。」


この言葉があれば良かったのかも。




でも、僕は今の状態、全く後悔はしていません。

今はもう、「ああ言えばこう言う」状態。


もともとプライドが高く、自己顕示欲が強く、そして承認欲求も人一倍強い。


例えば、何かのお礼で知り合いにお菓子をがあげるとする。

で、お菓子のチョイスを頼んだとします。

すると、必ず「その人、喜んだ?」と聞きます。


喜ぶからあげるんじゃなくて、感謝の思いで渡してるんです。

そもそもスタートからして間違ってる。


なかなかにしんどい生活です。