長い1日

娘が生まれた日、それは今でも思い出したくない辛く長い1日でした。


息子のときもそうでしたが、娘も不妊治療の末に授かった子でした。


臨月も近いある晩、妻の突然の破水。

そして、かかりつけの産科から母子ともども総合病院への救急搬送。

何か起きたか訳もわからず、とりあえず寝たままの息子を車に乗せて搬送先の病院へ行きました。


寝ずに迎えた翌朝に担当医から聞かされたのは妻が「常位早期胎盤剥離」だったことと、赤ちゃんが胎盤剥離により脳に酸素が行かず、新生児仮死で生まれたということでした。


あまりの出来事に今思うとこの時の自分は思考が停止していたように記憶しています。


長くなりますので続きは次の記事で…。