現実

某プロデューサーのお話、各方面で話題になっていますね。


僕は人様のことをとやかく言える立場ではないので是非は述べませんが、介護をする側の感想としては共感する部分はあります。


どこぞのキャスターが当事者の苦労を知りもせずに訳知り顔でコメントしていたようでその点は僕は腑に落ちないですね。


普段意識することすらないので思いもしないでしょうが、普通に言葉でコミュニケーションを取れることがどれだけありがたいことか😣


娘は言葉を発しませんので、何が嫌で何がしたいのか想像で判断するしかありません。

自分で身体を動かせないので当然、衣食住全てにおいて介助が必要です。

排泄はオムツですが、それでも湿ったり、大きい方が出ていれば本人も不快に感じているはずです。

食事や水分補給も定期的に行う必要がありますから、他人が思うほど介護者は暇でも楽でもありません。


学校では、そうした生徒1人に対して、教員が常に複数で対応しています。

それを介護をしているご家庭は家族のみ、ひどい場合は1人で看ているのです。

だから疲れて当然だと思います。

例えが正しいかは分かりませんが、いつも崖の端に踵がかかっているようなものです😥


それを理由に不倫をしていいのかと問われれば答えに窮しますが、じゃあそのまま共倒れしてもいいのでしょうか?

こういう話が出るたびに、家族への精神的サポートやレスパイトの必要性が叫ばれますが、いつも一過性です。


冒頭の方の場合は、プライベートなんてなきにしもあらずで、心も身体も休まるときなんてなかったんじゃないかなって思います。

会見でもすっかり自信をなくされているように見受けました。

今はただゆっくり休んでほしいなって思うだけです🍀