宝物

暗い記事ばかりではブログ仲間の皆さんに読んでもらえなくなっちゃうので😉





次女が今よりもまだ小さかった頃の会話です。




「雨は神様の涙なんだよ☔️」


「曇りは神様が悩んでるの☁️」


「でね、雷は神様が怒ってるんだよ⚡️」



「ふーん、じゃあ晴れは?」と僕が聞くと



「晴れはねー、神様が笑顔の時だよ☀️」



「それ何かの本に書いてあったのかな?」って聞いたら



「違うよ、自分で考えたの」





子供の発想は豊かで教わることが多いなって思った記憶があります。

次女はいつも明るくてニコニコしてて、我が家の太陽なんです😊



「パパは笑顔少ないよ」って言われちゃってます💦

よく見てるな。

頼らない

昨日は課の忘年会でした。

翌日も仕事だから一次会で帰ってきましたが

それでも飲んでるので本当はすぐにでも風呂に入って寝たい…。



でも、我が家は洗濯は浴室乾燥なので僕が風呂から出ないと干せない。

と言うか、そもそも洗濯自体が僕の仕事。



帰宅したらまだ家族は風呂に入ってなくて、長女の風呂もいつもの分担どおりやりましたよ😔

脱がせて、浴室に連れて行き、妻が風呂に入れて、また僕が受け取り着替えにドライヤー…。



その後、自分も風呂に入り、出たら洗濯干し。

倒れこむようにして寝て、今朝もいつもどおり5時起き。



家族の誰もあてにできないのです。

僕が寝坊すれば、皆が寝坊する…そんな家だから。



妻は僕が長女の朝食や投薬が一段落する頃に起こすのですが

息子の弁当作りが終わると二度寝…で、また僕が決まった時間に起こす。


それでも時々、自分の支度が遅れると次女の登校班の集合場所までの送りを頼んでくる。

集合場所は近いけど、こっちは5時に起きて動いてるのに怠慢なせいで

行く羽目になるのがとても腹立たしいのです。




ほんと今日も疲れたな。

自分でもよく身体がもってるなって感心します。

母が丈夫に産んでくれたおかげだと思ってます。



自分が消極的だからでしょうが、毎日が全く楽しくない。

何か喜びを見出さないとダメになっちゃうな💦

教えてよ

母の晩年、家族の中で一番母と一緒の時間を過ごしたのは長女。

毎朝、学校までの道のりを母の車に揺られて登校してたから。



優しい母のことだから、きっと娘に沢山話しかけてくれてんだと思う。

どんな話をしていたのかな???

今は僕が同じように送りがてら話しかけてる…でも、娘は寝てることも多いけど😅

(妻も分担して送ってるけど、運転荒いかならな…どうだろ💦)



母とどんな話をしたのか、叶わないけど、長女が話せることなら教えてもらいたい。

母の肉声で残ってるものは何もないし、まして手紙なんて残す人じゃなかったし。



今も実家のそばを朝通るたびに



「お母さん、おはよう。」って言ってる。



当然だけど、母の遺骨はあの静かでとても寂しい場所に行っちゃってるけど

僕には今でも母が独り残った父のことが心配で実家にいるような気がするんです。

だから、「おはよう」も聞こえてると思ってます。













まだまだ癒えてないのかな…。

今年はいろんな意味で寂しい年です。