友達

彼女に会ってきました😊



誕生日プレゼントに「CHUMS」のペンケース?らしきものを買ってあったのでそれを渡してきたのです。


CHUMSは以前、とあるアウトレットに彼女と行った際にショップがあって、そこで彼女がトートバッグを買ったことを覚えていたんです。

彼女のお気に入りのブランドかな?と思って。



会うきっかけは、彼女が人間ドックで近くの病院に来てることと、午後時間が空いてると思ったから。

でも、前の晩にランチのお誘いをしたら、義父母が滞在してて、その日は帰るらしく、駅まで送るからって断られたんです😢

当たって砕けたなって思いました。


それでも、プレゼントだけは渡したいなと思って、その旨を告げたら「短い時間なら大丈夫」、と。



当初は待ち合わせてただ渡すだけのつもりでしたが、彼女からメールが来たとき、僕の仕事がバタバタしていて返信できず。

彼女からは義父母を送りにとりあえず帰宅するとメールが…。

だけど、粘って「プレゼントは渡したいからどうしたらいい?💕」って聞きました。



そうしたら、「義父母を送った後に近くのアウトレットに行きたいからそこまで来られる?」、と。



そりゃあ、行きますよね〜?元々、彼女とランチしたいがためにずっと前から半休予定にしておいたくらいですから😅

(でも、フラれていたから会える可能性は限りなくゼロと思っていましたが…)



そうして、アウトレットに着いて、先に着いていた彼女の用事が終わるのをフードコートでソワソワと待っていました。



(続く)

目からウロコ

録画してあった「先生……好きになってもいいですか?」って映画観たんです。



その中で、主人公の広瀬すずちゃんの同級生がこんなこと言ってたんです。





「世の中に、好きになっちゃいけない人なんていないよ」って。




勿論、言ってることは全然違う意味ですけど、何だか胸にストンと落ちました。






今月は彼女の誕生日月。

先日、日付が変わってすぐに



「誕生日おめでとう🎉💕

実り多き1年になりますように🍀💕

おやすみ💕」


って送ったら、リアルタイムで



「ヒロ君😊💕ありがとう💕

おやすみ💕」



って返信が来ました。



説明できない不思議な繋がりだけど、僕には必要なもの。

どうか壊れないでほしいな。

アオハライド

プライムビデオで観ました。



母のこと、彼女のこと、そして、どこかに置き忘れてしまった自分の笑顔のこと。



そんなことを思い出させる映画でした。



途中、涙が止まらなくなって…年取ると涙腺弱くていけませんね😅




多分まだ一歩も踏み出せてない自分。





母も、彼女も、きっと好きでいてくれていた僕の笑顔…いつか取り戻したいな。